読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小夏パパが書いています。

ブログタイトルを変更しました。旧名「WaFu-NOTE」

トースターで「年越しローストビーフ」を作ってみたよ。

ども。小夏パパ(@wafu_572p)です。

昨年暮れに「年末年始の贅沢グルメ」みたいな雰囲気でローストビーフを作ってみたら、想像以上にステキな出来映えになったのでご紹介します。

材料はお肉と塩コショーと油だけ!

年末年始は仕事があるので、買い物は近所のスーパーで済ませました。

ありがとう「お客様感謝デー」

年末ぐらいはデパートの地下食品売り場のお肉屋さんで「ちょっといい肉」とか買いたいんですけどねw

あとは、

塩・胡椒とサラダ油

用意する食材はコレだけ。

焼き目を付けて、トースターにドーン!

作り方も簡単なんです。

お肉の表面の余計な脂は取り除いた方が良いと思います。


お肉に塩コショーを擦り込みます。

サラダ油少量をフライパンで熱して、お肉ドーン!

お肉全面に焼き色を付けて肉汁を封じ込めますよ。

全面をね。

じっくり焼いてしまうと、中まで熱が通ってしまうので、強めの火力で表面に焼き色が付くぐらいにしておいてください。

もう一つポイントが。
「焼き目を付ける時は肉をイジらない」
ドン!とお肉を置いたら1分〜2分はそのままにしておいてください。

その間に、アルミホイルを用意しましょうか。

全面に焼き色を付けたお肉をアルミホイルの上に。

四隅をキュッとして、肉汁の流出を防ぎます。

そんでもって、ここで登場するのがバルミューダのトースター

お持ちでない方は購入すると調理が捗りますね♪

ブラックの他にもホワイトと限定生産のグレーもあります。

アルミホイルごとトースターにドーン!

バルミューダのトースターが誇る多彩なモードの中から「フランスパンモード」を選択、時間は10分。

バルミューダトースターの特徴でもあるウォータースチームも利用しますね。

お肉は高さがあるから表面が焦げちゃうんじゃないかな?と思っていましたが、そこは「表面に焼き色をつけずに、中までしっかり温めます。 フランスパン、ロールパン、コッペパンやマフィンに最適です。」というフランスパンモードを信じましょうね。
使い方 | BALMUDA The Toaster | バルミューダ

〜10分後〜

さぁ、どんな感じで仕上がったんでしょうか。
f:id:wafu_572p:20170208133608j:plain

ひとまず、お肉を休ませるためにこのまま15分〜20分ほど放置しておきます。

〜さらに15分後〜

見た目的には先ほどと変わらない気もしますけど...
f:id:wafu_572p:20170208133747j:plain

ちょっと切ってみましょうか.....


おぉ!イメージしてるローストビーフってこんな感じ!
f:id:wafu_572p:20161231222556j:plain

いいじゃん!
f:id:wafu_572p:20170208133815j:plain

いいっすね♪
f:id:wafu_572p:20170208133844j:plain


まとめ

「トースターでローストビーフだって⁈」と思っていましたが、やってみたら簡単で美味しくできました。

ラーメンのチャーシュー代わりにしても良かったです。
f:id:wafu_572p:20170219140039j:plain

今回実際に作ってみた事でとても簡単に豪華なレパートリーが追加されました。

是非お試しください。
では、次回の更新まで、ごきげんよう~。

Facebookページ開設のお知らせ

この度、当ブログ「小夏パパが書いています。」のFacebookページを開設しました。

ブログの更新情報はもちろん、レビュー前の製品を先見せしたり、
Facebookページならでは。と言うような使い方を模索してみようと思います。

あなたの「いいね!」が、僕のブログを書くモチベーションに変わります。

よろしくお願いします。