小夏パパが書いています。

ブログタイトルを変更しました。旧名「WaFu-NOTE」

【モニターレポート 第一弾】ISGlovesのモニタープログラムに参加します。

ども。小夏パパ(@wafu_572p)です。

今回、アウトドア用スマホ手袋の新星「ISGloves」(アイスグローブ)のモニタープログラムに参加させてもらえることになりましたので、先ずは第一弾のレビューとして届いた手袋の紹介とファーストインプレッションを書きたいと思います。

ISGlovesとは。


紹介用の動画がありますので、そちらをご覧頂くのが正確で分かりやすいと思います。


ISGloves - Outdoor Smartphone Gloves Intro (www ...

ISGlovesアウトドア用スマホ手袋 | アイスグローブ
商品紹介ページです。

履いたままスマホをイジれる五本指手袋に、ハイテク五層構造の防雪・防水・防寒仕様のアウターを被せられる様にしたことで、防寒性とタッチ性能を兼ね備えた寒冷地向けのスマホ対応スーパー手袋なんですね。

スマホをイジる側。
f:id:wafu_572p:20131214031558p:plain

高い防寒性が謳われているアウター部分は5層構造。
f:id:wafu_572p:20131214031727p:plain

「iをありがとう」さんでもレビューが書かれています。

【詳細レビュー】iPhone対応手袋11種比較レビュー - iをありがとう
細かく紹介されています。


AppBankさんでも取り上げられました。

極寒対応スマホ手袋 ISGloves: これで寒い冬でも安心だ!! iPhone を操作できる最強手袋。 - たのしいiPhone! AppBank
kazuend氏も絶賛の耐寒性!

APPBANK Storeでも販売されています。




SサイズMサイズLサイズXLサイズ
の4サイズ展開です。

新色のレッドも発売になりました。

[新商品] ウィンタースポーツに必須! 極寒対応スマホ手袋 ISGlovesに燃える赤バージョンが登場です! - たのしいiPhone! AppBank
ブラック同様にAppBank Storeでの取り扱いがあります。


ISGloves(レッド・Mサイズ)のご紹介。

今回のモニタープログラムでは新色のレッドをご提供いただきました。

・サイズはキチンと測りましょう。

スマホ対応の五本指部分に遊びがあると反応が鈍くなることもありますので、ピッタリなサイズを選びましょう。
f:id:wafu_572p:20131212151416p:plain

ちなみに僕の場合、ほぼMサイズでジャストでした。
f:id:wafu_572p:20131121203147j:plain

届きました。
f:id:wafu_572p:20131207172551j:plain


画像では鮮やかな赤なのですが、実物はもう少し暗めの赤です。
すぐ上の画像が実際 製品の色合いに近いと思います。

※色の調整が下手なのでイジってません。

レッドと言っても全体がレッドなのではありません。
f:id:wafu_572p:20131207172729j:plain

手の平側は、合皮でシボ加工の様な作りです。iPhone等を持っても滑りづらくなっています。
f:id:wafu_572p:20131213215847j:plain

アウター部分がパカパカしないように面ファスナー(マジックテープとかベルクロとも呼ばれます)で留められます。
f:id:wafu_572p:20131213222358j:plain

左右の手袋は無くさない様にクリップでまとめられます。カバンに入れる時とかにバラけなくて良いですね。
f:id:wafu_572p:20131207172654j:plain

ちなみに、重さは片方がおよそ100gです。
f:id:wafu_572p:20131213220654j:plain



・こんな感じ。

右が防寒性抜群パターン。左がストレス無くスマホがイジれるパターンです。
f:id:wafu_572p:20131213211333j:plain

裏面も。
f:id:wafu_572p:20131213211352j:plain



・装着!

インナー部分は、長めのリブで風や雪の侵入を防ぐ様に作られています。
f:id:wafu_572p:20131213213427j:plain

装着後に面ファスナーで、しっかりと。
f:id:wafu_572p:20131213215427j:plain

コレで良し。
f:id:wafu_572p:20131213215446j:plain


ISGlovesの裾が手首の部分よりも少し長めなので、完全な防寒性を求めるなら、腕時計やウェアラブルガジェットは外した方が良いと思います。

慣れるまで履くのに時間がかかりますね。
ふと思ったのですが、手袋を「履く」のって北海道の言い方?
初めて五本指の靴下を履く時のような戸惑い加減ですw

慣れないうちは、履く時よりも脱ぐ時の方が難易度は高めだと思われます。

こんな感じですよ。
f:id:wafu_572p:20131213212320j:plain

アウター部分を被せると、普通のミトン手袋ですね。
f:id:wafu_572p:20131213212950j:plain


※このカタチ、北海道では「ぼっこ(棒っこ)手袋」とも呼ばれます。

おや?手の甲にボタンが一つ。
f:id:wafu_572p:20131213220852j:plain

アウター部分にゴム紐が!
f:id:wafu_572p:20131213220951j:plain

なるほど!アウター部分がプラプラしないように留めておけるのか!
f:id:wafu_572p:20131213221207j:plain

親指部分のアウターは、プラプラしたままなんだけどね。
f:id:wafu_572p:20131213221848j:plain



モニターレポート第一弾のまとめ。

・手袋としてのクオリティは非常に高い印象。
・写真を撮るのに屋内で何回か着脱しましたが、温かさ(防寒性)は期待出来る感じでした。
・まだ慣れていないので、着脱に時間がかかる。これは「慣れ」 で改善できそう。
・手の平側の面ファスナーがオス側なので、指先が引っかかる時があります。

これから「実際に日常で使ってみての感想(第二弾)」と「氷点下の屋外での長時間使用で耐寒性の検証(いわゆる「LuckyBag行列」)(第三弾)」「総評(まとめ)」って感じでレポートを書いて行こうと思っています。

今年はなかなか雪が積もらずに、ISGlovesを試す機会はもう少し先になりそうな気配も感じていましたが、今週末で雪が積もる予報なので、雪かきや小夏さんとの散歩等に使ってみようと思います。

あいにく「よぅし!ゲレンデが待ってるぜ!」的なアクティブさは持ち合わせていないのが残念ですが、北海道という土地柄で日常的に雪と触れあう機会は多いので、何とかカバー出来るのではないかと思っています。

・「ブロガー向けのモニタープログラム」は受付中。

今回僕が参加させていただいている「モニタープログラム」はこちらのリンクの「ブロガーの皆様」から申込みができます。

札幌だと冬場は自転車に乗りません(乗ってる人も居るけど)が、冬も自転車に乗れる地域にお住まいの方にもオススメしたい手袋です。

いろんなシーンで使用されることが想定されています。
f:id:wafu_572p:20131214033022p:plain

次回のモニターレポートは、実際に日常で使ってみた感想等をお伝えしたいと思います。

では、次回の更新まで、ごきげんよう~。

レッドもありまーす。

ISGlovesのオンラインショップでも販売中。
ISGlovesのFacebookショップでは、「いいね!」で5%割引も!